診療科目

一般歯科

痛みをできるだけなくすための工夫

痛みをできるだけなくすための工夫

当院では、患者さんが痛みを感じないための様々な工夫を取り入れています。
まずは麻酔の針が歯茎に刺さる時のチクっとする痛みをなくすために、あらかじめ表面麻酔を塗っておき、さらに麻酔液は電動麻酔器を使って少しずつ痛みを感じないように入れていきます。

電動麻酔器は人の身体に麻酔が効いていく時間も全て計算した上で、液を注入していくように設計されていますので、ほとんど痛みを感じることはありません。
また、麻酔液は人肌に温めることでさらに痛みを感じにくくしています。

治療前に丁寧な説明をさせて頂きます

治療前に丁寧な説明をさせて頂きます

今から何をされるのか、自分の歯がどのような状態になっているのかが分からないと、不安になり緊張から痛みを感じやすくなってしまうこともあります。
当院の治療ユニットにはパソコンモニターが設置してありますので、デジタルレントゲンなどの検査結果や治療内容が分かるイラストなどをお見せしながら、分かりやすく説明をさせて頂きます。

毎回、歯周病ケアをしながら治療を進めていきます

虫歯を治療しても、お口の中の環境が悪いままですと、虫歯が再発したり歯周病になったりするリスクは残っていることになります。
当院では、虫歯治療を行う際も、毎回必ず歯垢や歯石を除去し、治療が終わる頃にはお口の中全体が良い状態になっていることを目指しています。

予防歯科に力を入れています

予防歯科に力を入れています

虫歯や歯周病になった時に治すことはもちろん大事ですが、最も重要なことは虫歯や歯周病にならないようにすることです。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる院内でのクリーニングや、定期検診を最低でも半年に一度は受けるようにして、健康な口内環境を保っていくようにしましょう。
また、ブラッシングの改善をご希望される方には、アドバイスをさせて頂きます。

歯周病を防ぐためには欠かせない、正しいブラッシング

歯周病を防ぐためには欠かせない、正しいブラッシング

歯周病は痛みがないまま進行し、歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。
そして、一度溶けてしまった骨は戻すことはできません。
正しいブラッシングを身に付けて、歯周病を防ぐようにしましょう。ただし、患者さん一人ひとり歯並びは異なるため、適切なブラッシング方法は人によって異なります。当院では、ブラッシングをしてきて頂いた状態で磨き残しの検査を実施し、その磨き残しをなくすための方法を患者さんと一緒に考えるようにしています。

食生活やストレスも歯周病の原因だと考えられていますが、やはりもっとも重要なのは毎日のブラッシングです。
いつまでも美味しいものを自分の歯で噛めるよう、正しい方法を身に付けましょう。

小児歯科

お子さんを怖がらせないことを大切にしています

お子さんを怖がらせないことを大切にしています

お子さんは大人以上に歯医者さんを怖がってしまうことが多く、最初に痛い思いをすると、その後もずっと歯医者さんに行くことを拒むようになってしまいます。
当院では、無理に押さえつけて治療をするようなことはせず、まずはフッ素塗布などの痛みが全くない処置で慣れてもらうようにしています。
そのため、実際に当院に通っているお子さんのほとんどは、自分の意志で治療を受けられるようになっています。

審美歯科

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングは歯を白くするための処置ですが、当院ではまずクリーニングを実施して着色汚れを取り除き、本来の歯の白さを見て頂いた上で本当にホワイトニングを行うかどうかをお選び頂くようにしています。
また、ホワイトニングをしても白さには限界がありますので、必ず事前に「このくらい白くなる」というのを、模型を使って分かりやすくお見せしています。

なお、ホワイトニングの効果は永久に続く訳ではなく、化学反応で歯を白くするため、実施後は逆に着色汚れが付きやすい不安定な状態になります。
そのため、3~4週間程度は色素の強い食べ物を避けたりタバコをやめたりする必要があります。
また、ホワイトニングは天然の歯にのみ有効ですので、詰め物や被せ物が入っている場合は、そこだけ色が変わらずに目立ってしまう可能性もあります。
当院では、このような注意点やデメリットについてもきちんと事前にお話しさせて頂いた上で、ご希望される方にホワイトニングを受けて頂くようにしています。

銀歯の取り替え

銀歯の取り替え

日本の保険診療では、奥歯を削った際は、金銀パラジウム合金(銀歯)を詰めたり被せたりすることになります。
銀歯は再治療が必要になる可能性が高いと言われることもあるようですが、当院では一生使えることを目指して、精度の高い治療を行うようにしています。

もちろん、セラミックなど、自費診療の白い素材もご希望に合わせて使用しますが、基本的には保険診療の範囲内で最大限の治療成果を出すことが大切だと考えています。
もちろん患者さんごとに治療に求める価値観は異なりますので、ご希望をきちんと伺い、丁寧に説明をさせて頂いた上で、納得のいく治療を受けて頂くように心がけています。

矯正治療

矯正治療の重要性

歯並びが悪いと、見た目が気になるだけでなく、噛み合わせが悪くなり満足のいく食生活ができなくなってしまいます。さらにガタガタになっている歯は汚れが溜まりやすく、ブラッシングも行き届きにくいため、虫歯や歯周病の温床になります。歯並びを良くすることは、見た目をきれいにするだけでなくお口の健康にも繋がっているのです。

当院の矯正治療

当院では、月に1回、矯正治療の専門医が来ており、現在の患者さんの歯並びや年齢を加味した上で最適な治療計画を提案させて頂くようにしています。初回カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談ください。なお、矯正治療の必要性は永久歯が生えそろった段階で判断しますので、まだ乳歯のある方は矯正治療を焦る必要はありません。

歯を失った時の治療

歯がない状態で放置しておくと、残った歯のバランスが崩れてしまいます

歯がない状態で放置しておくと、残った歯のバランスが崩れてしまいます

歯並びは、左右の歯、上下の噛み合わせ、唇の筋肉、舌と、それぞれの力のバランスの上に成り立っているものです。
もし一部の歯がないままで放置しておくと、このバランスが崩れるため、歯が横に倒れてきたり、噛み合わせていた歯が抜けてきたりすることになります。

このような症状はすぐに現れないため、つい「とりあえずこのままでいいや」と思ってしまいがちですが、5年10年と時間が経つにつれて確実にお口の中の状態が悪くなっていきますので、もし歯を失ってしまうことがありましたら、すぐに治療を受けるようにしましょう。

歯を失った時の治療の選択肢

歯を失った時の治療方法としては、一般的に「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。
入れ歯とブリッジは保険診療のものと自費診療のものがありますが、インプラントは自費診療のみで、実は治療後のメンテナンスも毎回自費診療扱いになってしまいます。
このような経済的なこと以外にも、自宅でのお手入れ・見た目のきれいさ・他の歯への影響・お口の中の違和感・噛みやすさなど、治療方法をお選び頂く際には様々なポイントがありますので、まずはメリットとデメリットをしっかりと説明させて頂くようにしています。

 

虫歯や歯周病治療から予防、審美や矯正、義歯まで丁寧で安心の歯科診療を東京でご提供します

東京で幅広い治療に対応するハロー・デンタル・クリニックでは、保険診療を基本に虫歯や歯周病の治療やお口の健康を保つ予防歯科はもちろん、正しい歯並びへと整える矯正や歯を失った場合の義歯治療、美しい白い歯を目指すホワイトニングや審美治療もご提供しております。
小児歯科ではお子様が歯医者を苦手に思うことがないよう、怖くない治療をモットーに虫歯治療をはじめ、フッ素塗布などによる予防ケアを重視しています。
大人の方も安心の治療が受けられるよう、痛みの除去を基本に痛みを抑え、根管治療によるなるべく抜かない治療に取り組んでいます。虫歯治療をしながら歯周病を予防するなど、東京都中央区勝どきにある当歯科に通っていればお口の健康が保てると安心していただける診療をご提供しています。

診療方針 診療の流れ アクセス・診療時間 web予約